【小説感想】辻村深月『ふちなしのかがみ』 

ふちなしのかがみ
ふちなしのかがみ/辻村深月

-あらすじ-

 この学校の花子さんは、昔、音楽室
 の窓から飛び降り自殺をした少女の
 霊です。花子さんは階段にすんでい
 ます。その階段を一生懸命掃除すれ
 ば、花子さんに会うことができます。

 でも、花子さんがくれる食べ物や飲
 み物を、口にしてはいけません。花
 子さんの質問に、嘘をついてもいけ
 ません。さもなくば、あなたは呪わ
 れてしまいます   

 ある時を境に消えた友達、鏡の向こ
 うに見えたいつかのわたし。

 異界へとつながる扉を開けたときの
 ことを、あなたは覚えていますか?



↓ネタバレありの感想


辻村深月さんの新作は、5つの話からなる短編集。

「踊り場の花子」、「ブランコをこぐ足」、「おとうさん、したいがあるよ」、「ふちなしのかがみ」、「八月の天変地異」。

基本的に怪談話。
特に前4つの話はそう。

ただ「八月の天変地異」だけは、怪談というよりは、夏に起こった不思議な話といった方がしっくりくる。


実際に、前4つの話は、内容的に怖い部分がある。
まぁ本音を言えば、そこまで怖くはなかったが…。
読んでいると、暗い感じになるね。

しかし、最後の「八月の天変地異」については、まさに辻村深月さんの作品という感じ。
それまでの4つの話から一転、温かな感じの話だ。

こういう話があるから、辻村深月さんの話は好きだ…。

関連記事
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2009/08/19 20:03 ] 辻村深月 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム