【小説感想】伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』 

アヒルと鴨のコインロッカー
アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎

-あらすじ-

 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印
 象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり
 「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標
 的は  たった一冊の広辞苑!? そんなおかしな話に乗
 る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガ
 ンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ! 注目の気
 鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。


↓ネタバレありの感想




この『アヒルと鴨のコインロッカー』は「僕」こと椎名を中心とした現在と、「わたし」こと琴美を中心とした二年前の2つの話が交互に語られていく。
そして、その2つの話に出てくる共通の人物「河崎」。

どちらの話にも河崎という人物は出てくるが、現在は「本屋襲撃」、二年前は「ペット殺し」をメインとした話となっており、ほとんど共通点は見られない。

それが、徐々に見えてくる共通点。
そして、最後には…。


昔から言っているのだが、こういう2つの話が徐々に繋がっていくという話は大好きで、かなり読み応えがあった。
そして、今回は話以外にもあとがきが素晴らしいと思えた。
あとがきでネタバレが書かれているため、先に読むことはお勧めしないが、あとがきを読んでみると、また楽しめそうな気がする。

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2008/11/13 23:42 ] 伊坂幸太郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム