【小説】雫井脩介『クローズド・ノート』感想 

クローズドノート
クローズド・ノート/雫井脩介

-あらすじ-

 堀井香恵は、文具店でのアルバ
 イトと音楽サークルの活動に勤
 しむ、ごく普通の大学生だ。友
 人との関係も良好、アルバイト
 にもやりがいを感じてはいるが、
 何か物足りない思いを抱えたま
 ま日々を過ごしている。そんな
 なか、自室のクローゼットで、
 前の住人が置き忘れたと思しき
 ノートを見つける。興味本位で
 そのノートを手にする香恵。閉
 じられたノートが開かれたとき、
 彼女の平凡な日常は大きく変わ
 りはじめるのだった  


↓ネタバレありの感想


これは、映画とか見に行きたかったのだが、結局行かずのまま、文庫が出るまで待った作品。
期待を裏切らない内容だったので、本当に満足満足。


この作品は、主人公である堀井香恵の視点で語られているのだが、非常に読みやすかった。
以前、読んだものとは大違いだ。

しかし、最後には本当に感動した。
主人公が想っていた人物が、主人公の部屋の前の住人である真野伊吹先生の想い人でもあることに驚いた。
さらに、伊吹先生が亡くなっていたことにも…。

最後の最後で、伊吹先生がノートに書いていた文章を、石飛隆作に堀井香恵から伝えるというのに、本当に感動した。
亡くなってしまい、閉じ込められた言葉が、同じ部屋の住人によって、伝えられるというのが感動。
そして、その言葉をしっかり覚えるまで読んだ堀井香恵は、本当にノートの中の人物である伊吹先生を慕っていたんだなとわかるシーンだった。

今度、DVDを借りて見てみたくなる作品だった。


また、この作品を読むと、万年筆が欲しくなると思うらしいのだが、わかる気がする。
正確には万年筆が欲しいというよりも、万年筆で直筆の日記を書いてみたいと思えてくるね。

本当に良い作品だった。

クローズド・ノート (角川文庫 (し37-1))クローズド・ノート (角川文庫 (し37-1))
(2008/06/25)
雫井 脩介

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2008/07/24 21:41 ] 雫井脩介 | TB(0) | CM(2)
未読なので、ネタバレ感想をできるだけ見ないようにして書いてます。
映画の宣伝を見ていて、面白そうだなぁと思ってました。
(結局見に行けませんでしたが)

文庫が出てるんですね!
懐とスペースの都合で文庫本しか買わないんですが、早速入手したいと思います。
[ 2008/07/26 11:41 ] たかは [ 編集 ]
たかはさん、コメントありがとうございます。
文章を書くことが苦手なので、ネタバレを書かないと感想を書きづらいので、申し訳ないです。

私も映画が面白そうだったので(私も見に行けてません)、文庫をたまたま見つけて手に取りました。

文庫は見た感じ、ちょうど1か月前に出てたみたいですね。
[ 2008/07/26 12:29 ] KOH2 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム