【小説】西尾維新『零崎曲識の人間人間』感想 

零崎曲識の人間人間

零崎曲識の人間人間/西尾維新

-あらすじ-

 「零崎一族」  それは、"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。
 "少女趣味"こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。
 一賊の結束はどうなるのか。"音使い"零崎曲識の闘いが今、始まる!
 新青春エンタの最前線がここにある!




↓ネタバレありの感想


今回で、人間シリーズ第三弾。
次の零崎人識の話で人間シリーズは最後みたいだ。

今回はこれまでと異なり、さまざまな時代の話が組み合わさってあった。
順序も時系列順ではなかったしね。

しかし、どうしても由比ヶ浜ぷに子が、刀語シリーズで出てきた日和号とかぶってしまう。
絵的にも、機械人形ってところもそうだし。
技術が発達している(と思われる)時代に作られた由比ヶ浜ぷに子の方が性能上なのかな?
まだ若いころとはいえ、哀川潤を一度殺しているし。


そういえば、今回も萩原子荻が登場していた。
キーとなるキャラクターではなかったのが残念。
決め台詞は聞けたけれど、策を練ったりする描写が少なかったからね。
やっぱり萩原子荻の活躍は前回の『零崎軋識の人間ノック』を見るしかないな…。

そして、人間シリーズの一作目『零崎双識の人間試験』に登場していた無桐伊織が登場していた。
ちゃんと覚えていなかったせいか、既に死んでいると思っていたんだよね。
まぁ両腕が無くなってはいたけれども…。
ってか無桐伊織のキャラも覚えていなかったなぁ。
こんなキャラだったっけ?


とまぁ色々思いながら見てたけれど、未だに西尾さんの描写は面白いなぁって思えるね。
文章が上手いというより、見せ方が上手いというべきなのだろうか…。
普通に面白く読めるね。
慣れてしまったから普通だと思えるんだろうけど。
慣れてなかったら、もっと面白く感じていたのかもね。

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)
(2008/03)
西尾 維新

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2008/04/07 21:14 ] 西尾維新 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム