スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とうとう… 

中村紀洋に米球団が入札 移籍は決定的 大リーグ

20041205031152s.jpg

とうとうですよ、とうとう!中村紀洋選手がメジャーに行くかもしれないんっすよ!ってか球団が受諾している時点で、本人もメジャー挑戦の意志は固いらしいから、交渉するまでもなくメジャー挑戦は確定なのではないかと思うのだが?

1,2年前のFAのときも行くかもしれないと思っていたけど、近鉄の日本一のために近鉄に残ったわけで、その球団がなくなってしまったわけだから、もうメジャー行くしかないでしょう!個人的には日本でプレーが見れなくなるのは悲しいことでもあるけれど、それ以上にアメリカであの豪快なフォームを見せてほしいという期待もある。

まぁ確実に決まったわけではないけれど、楽しみに結果を待っておこう。
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2005/01/31 20:41 ] M・I・A | TB(0) | CM(0)

KOH2です… 

今日ゼミの後、先生に呼ばれたとです。なんか単位がやばいらしいです。

blogram投票ボタン
[ 2005/01/31 20:26 ] 今日の一言 | TB(0) | CM(0)

本・村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上・下)』感想 

20050130231213.jpg 20050130231221.jpg


世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上・下)/村上春樹

今回の紹介したいと思う本は、村上春樹さんが書いた『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』である。個人的に村上春樹さんの書いた小説というものが好きで、今まで結構読んだ方だと思う。その今まで読んだものの中で一番面白かったのが、この『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』である。

この作品は二つの世界で構成されている。それは幻想世界を思わせる「世界の終わり」と、近未来の世界の「ハードボイルド・ワンダーランド」の二つである。これらの物語が1章ごとに交互に語られ、物語は進んでいくわけだが、これらは最初に読んでいるうちは全く関係のない話のように思われるが、読んでいくうちに少しずつ二つの物語の接点がわかってくるようになり、それらに気がつくとまた違った面白さを知ることができる。最低でも2回は楽しめる本だと思う。

それと、この物語を読んでいく中でのもう一つのおもしろさが、村上春樹さんの独自の世界観だと思う。この中では読まないとわからないような言葉や生き物などさまざまなものが出てくる。現実ではなさそうなものばかりだ。それらの姿などを想像(創造)しながら読んでいくと、それらは人によって違った姿を思い浮かべるわけだし、また一つの楽しみ方だろうと思う。どういったものが出てくるか説明したいが、読んでみないとわからないものが多いと思うので、やめておこう。

長編が嫌いな人もいるかもしれないが、これは本当におもしろいものだと思う。騙されたと思って読んでみるのもいいのでは?ただし、本当に騙されたと思っても苦情は一切受け付けません。

blogram投票ボタン
[ 2005/01/30 23:29 ] 村上春樹 | TB(0) | CM(4)

心機一転! 

ソフトバンク:ファンの前で新ユニホーム披露 福岡ドーム

今年から経営権(で良かったかな?)がダイエーからソフトバンクに移り、チーム名も福岡ソフトバンクホークスと改められてわけだが、今日新しいユニフォームが発表された。

パッと見、ビジターユニフォームはそんなに変わらないが、ホームユニフォームは以前と異なった印象を受ける。もしかしたら両方とも以前のユニフォームで赤だった場所を黄色に変えただけなのかも。それとチームロゴも。全くの勘違いかもしれないが、黄色の部分を赤と思って見ると以前のユニフォームが思い出される。これだけ印象が変わると心機一転してプレイができるのだろうか?


そういえば近鉄とオリックスが合併してできたオリックス・バファローズの新ユニフォームってのはチームの名前が変わっただけで、全然変わってないように見える。新しいチームとして新しいシーズンを向かえるわけだから、パッと見の印象でも以前と異なるようなものにしてほしかったなというのが個人的な意見。今までのオリックスのユニフォームにバファローズって書かれるのは近鉄好きだったおいらにとってはなんか嫌だな。


ユニフォームが変わったといえば、昨日のニュースで見たけど、Jリーグの柏レイソルも変わったみたいだね。違ってたら申し訳ない。後ろのAFLAKの文字と一緒にイメージキャラクター(?)のアヒルが印刷されているのにはウケた。こういうのっておそらく野球ではありえないんだろうな~と思う。なぜかって言われても、ただ単にそう思うだけで理由は特になし。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/30 23:09 ] M・I・A | TB(0) | CM(0)

昔の記憶って… 

昨日、近くのレンタルショップに行くと、『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』のDVDが置いてあった。非常に懐かしいものだ…と言いたいところなんだけど、おいらストーリーを全然覚えてなかったんだよね。主要キャラクター5人の名前と星座、あと多少は必殺技の名前は覚えていたし、なぜか「フェニックス一輝」が好きだったのも覚えている。

…ということで1巻と2巻を借りてみました!やっぱり映像は昔のアニメって感じだけどDVDだとビデオテープみたいに何度見ても見づらくなるようなことにはならないから見やすかった。

感想としては、やっぱりストーリーは覚えていなくて、全く見たことのない感じとなってた。けれど昔はまってたのも納得いくくらいおもしろかったな。まぁツッコミどころもあったけど…。主人公の「ペガサス星矢」の必殺技は2回目の登場で既に見切られてしまうし、「ドラゴン紫龍」は本当はバカなのか?とも思えるような行動(自分の拳で自分の盾を殴り破壊)を取るし、「フェニックス一輝」の登場シーンは小さな箱の中から出てくるし(膝抱えて小さくならないと入れねぇよ!)…などなど、まだまだツッコミ入れれる要素はたくさんあるが、そんなことを考えつつも見ていておもしろいと思えるんだから、また続きも見たくなるというわけで…。

もうすぐ試験週間に入るのに、こういったのにはまってしまっていいのだろうか?
blogram投票ボタン
[ 2005/01/30 03:28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

どんどん進めていってほしいこと 

「復興シール」販売枚数、250万枚超す 新潟県中越地震

今回は、新潟県中越地震による援助ということで1枚につき1円の義援金となる「復興シール」が250万枚の販売数となったということについての記事。

この記事によると協賛業者は100件を超えていて、店に並んであるパンやそば、酒などに貼られているとのこと。つまり、こういった商品を僕ら消費者が買えば、シールのついている商品1つにつき1円が義援金として送られるということになる。

周辺の店ではまだ見たことがないし、そばに貼られているということは信州のあたりにしかまだ広まっていないのかもしれない。けれど、この運動は10月23日まで続けるということだから、まだまだ時間はあるのでもっと多くの業者が、人が参加していってほしいと思う。


こういった義援金のシステムは募金とは違って安心できると思う。募金が安心できないというわけではないが、募金をしたからといって本当にそのお金がちゃんと送られているのか不安になるときもある。しかし、この場合は業者がシールを購入する時点で、その購入したお金は義援金として使われ、そして業者はシールを貼った商品を売ることによって元を取る(?)。単純に考えれば、僕ら消費者は業者に前借りして義援金を送り、商品を買うことによりその前借りしたお金を返すというようなものでいいと思う。こういうシステムだと確実に送られているので、安心して商品を買うことができるということになる。

まだまだ新潟だけでなく、スマトラ沖の方も被害は甚大で、援助が必要になるだろう。だから僕らも何らかの形で援助していければいいものだ。それにはこういった「復興シール」というものは形として残るため、実感することもでき非常に良い方法だと思われる。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/29 23:59 ] Project ITO(NEWS) | TB(1) | CM(0)

意味ないじゃん! 

新体制by co氏


今回の記事はNHKの海老沢元会長らが顧問に就任して3日目にして辞退するというものである。はっきりいってこれは視聴者側の、NHKの受信料を払っている者の方からしてみれば当然の行動である。いや顧問に就任した時点で当然ではなくなっているか…。

NHK側からしてみれば、海老沢元会長らを顧問にすることで「業務の円滑化のため」と海老沢元会長らの力量を見込んでのことだったんだろうけど、はっきり言ってこれは完全にこちら側のことを無視しているとしか考えられない。視聴者側から抗議が出るのは当然の結果である。

この紹介されている記事の中でジャーナリストの鳥越氏が述べているとおり、NHK側には危機感というものがないのではなかったのだろうか。今でこそ感じてはいると思うが、本当に信頼を取り戻すには1からやり直す必要がある。つまりは全くの新体制を図る必要があるのだ。しかし、そうする必要があるのに元会長を顧問にしてしまえば、1からやり直すことをできない、再スタートはできないのだ。

顧問を辞退したこれからが本当のNHKの再スタートだと言えるだろう。しかし、これまで視聴者を裏切ってきたのだからそう簡単に信頼を取り戻すことはできないだろう。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/28 23:59 ] Project ITO(TB) | TB(0) | CM(10)

とうとうスタートか!? 

野球:四国アイランドリーグ チーム名や選手を発表

とうとうIBLJのリーグ名とチーム名や選手が決まったみたいだ。トライアウトなどをしてたのは知ってたが、そんなに情報が入ってこなかったので本当にスタートするのか心配だったのだが、こういったのが決まると本格的に始動したって感じがするね。

四国は甲子園でも毎年といっていいほど高順位につけるし、おそらくレベルもそんなに低くないし、地域の野球熱(?)も熱いものがあると思う。これからどういったように四国アイランドリーグが活動されるか見ものだ。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/28 23:19 ] M・I・A | TB(2) | CM(0)

それと便座カバー 

今日のバイトでしたこと
 ・洗濯
 ・買出し
 ・洗い物



まず今日バイトに行ったらすぐにコインランドリーで洗濯してきてと言われ、コインランドリーに向かうことに。そして着いてから何を洗うのかと思って見てみると、便座カバーだった。ただそれだけの話なんだけどね…。

ただ、コインランドリーで洗い終わるまで待つのって非常に退屈だね。雑誌とか置いてあれば暇つぶしできるのに置いてなかったから、メール打ったりしとりました。暇だからといってもバイト中なのに、不謹慎だ。


それが終わり戻ると買出しに行かされたが、まぁこれは普通。さらに戻ると、今度は「これを洗ってくれ」と言われ"これ"を見てみるとだった。バンブーだよ、バンブー。マジで驚いた。

…オチが思い浮かばない。おいらもまだまだだな…。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/27 22:24 ] バイト(2004.4~2006.3) | TB(0) | CM(0)

新曲情報! 

20050126212202s.jpg


笑顔日和/ZONE

1.笑顔日和
2.Two Hearts
3. 愛花
4. 笑顔日和 (backing track)
5. Two Hearts (backing track)




8月に発売した『glory colors』から約半年ぶりにZONEの新曲が出るらしい。発売日は3月9日。まだ1ヶ月以上先となるがどんな曲なのか楽しみである。個人的には最近ZONEも恋愛の曲が多い感じがするので、違う感じのにしてほしい。『証』みたいなサウンドだと一番良いなって思うな、うん。


ちなみに上の画像は初回生産限定版のジャケットらしい。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/26 21:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

引継ぎが… 

20050126210805s.jpg


久々に『スーパーロボット大戦IMPACT』をプレイしてみる。実はこれ、以前98話までやってたんだけど、めんどくさくなってやめてたんだよね。

もう1回してみたくなった理由は『スーパーロボット大戦GC』で08MS小隊が出てるけど、GC自体を持ってないからできないんだよね。08MS小隊は好きな作品だから強くしてみたかったんだけど、できないから、せめてと思い、IMPACTでしてみようと思ったわけ。

それで98話まで進んだデータがあり、あと2話だけなのでクリアして引継ぎして2周目をしようと思ったのだが、引継ぎ金が少なすぎる!!クリアしたときの金額だって?改造した金はもう戻ってこないんだね…。せっかくEz-8を最初からフル改造して、さらにはアプサラスⅡやグフカスタムもフルに改造しようと思ったのに…。

全滅プレイを何度もするのは嫌なんだよな~。でもしょうがないかな…と思いながらも既に2周目を始めた男です。ちなみに引継ぎされた金は約40万でもちろんフル改造はできなかった。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/26 21:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

これもある意味街づくり? 

ハドソン:北海道の農産物を携帯電話サイトで通販へ

今回の記事は、ハドソンがi-mode向けの「ど~んと北海道」という通販サイトを開設させるという記事。ハドソンといえば高橋名人(古ッ!!)やボンバーマンなどのゲームを作っている会社というイメージが強かったためにこの記事を見て驚いた。

ハドソンは以前から携帯電話でのゲームのサービスを行なっていたらしく、そこから派生(?)して今回の通販サイトを開設させたらしい。さらにハドソンの本社は北海道にあるらしいので通販で北海道の農産物を全国に売り出すということは、さらに全国の人は北海道の野菜を知ることができる。さらに、この「ど~んと北海道」では有機栽培農家のほうれん草や横市バターなど一般流通では入手困難な野菜や乳製品、お菓子、工芸品まで1000点以上を買うことができるとのこと。

もちろん記事の中にも書いてあるとおり、ハドソンだけでこの企画は成り立たない。NPO法人・農地トラストの協力があったからこそできるのである。やはりNPOが関わっていることを考えると、今回のこの企画は利益目的ではないことが考えられる。やはり先ほどにも書いたけれど、北海道のことをさらに全国にアピールするためなのだろう。たしかにハドソンはサイトを運営・決済をするため、利益目的な部分もあるだろう。しかし、ここでは一般流通では入手困難な野菜などを提供していることを考えてみれば、ハドソンと農地トラストは積極的な協力ができており、お互いがより北海道のことを知ってもらおうと思っているとも考えられる。


そういった面で考えてみれば、やはりこれは街づくりの一環とも言えるのではないのだろうか?特に工芸品などの提供というのは、北海道の文化を知ってもらうにはもってこいのものだと思われる。そこから、購入した人が北海道のどんな場所でこういったものは作られているんだろうと、北海道に訪れることがあればそれは街を活性化するということにも繋がっていくのではないのだろうか?

ただ…これは芦別市内の農地トラストが協力しているだけで、北海道全体の農産物などを通販するんだよね?ということは「街づくり」ならぬ「道づくり」ってなるのか?
blogram投票ボタン
[ 2005/01/24 21:40 ] Project ITO(NEWS) | TB(1) | CM(0)

ちょっとだけ… 

ちょっとだけ気になった記事を紹介。

<雑記帳>福岡市上空の西の空にオレンジ色の物体目撃

23日夕、福岡市上空の西の空をオレンジ色の物体が尾を引いて飛んでいるのが目撃され、福岡管区気象台には「あれは何」と問い合わせが相次いだ。



実際は飛行機雲が夕日を受けて輝いているだけのようなのだが、飛行機雲が途切れてしまって物体に見えたらしい。たしかに空を見上げてオレンジ色の物体のようなものが見えたらかなりびっくりしてしまう。多分「あれは飛行機雲だよ」って説明されても、飛行機雲のイメージとは異なるから素直にそれを信じることはできないだろう。物の形に対してのイメージがあるものって形が変わってしまうとなかなかそれを信じることはできないよね。なんかの本で見たけれど、最近のスーパーでは魚を切り身で売られているため、子供たちは魚は海を切り身の状態で泳いでいると思っている人も多いらしい。つまりはイメージというものは、よく見るもの(形)に定着され、それ以外だとなかなか同じものなのかわからない。人間っておもしろいなぁ。


*注意
わかるとは思うけど一応…
これはProject ITOではないのであしからず…
blogram投票ボタン
[ 2005/01/24 01:08 ] M・I・A | TB(0) | CM(0)

アメリカの選挙って… 

考え方は千差万別by co氏

今回の記事ではブッシュ大統領の演説のことから書いていっているわけだが、それとは別に気になったことがある。co氏が記事で書いている

アメリカ国内でも2期目の大統領支持率は49%、不支持は46%だそうな。戦後に再選を果たした大統領の中では最も低いらしい。

という部分と、紹介されている記事の中の

多くのメディアは批判的だ。

という部分。現在のアメリカの大統領選挙ってのは確か昔に習ったものだと選挙権を持つ人が1人1人投票してその結果多い人が大統領になるものだったと思われる。あれ?州ごとだっけ?

でも日本の総理大臣を選ぶ方法とは違って、国民が大統領を選んでいるっていうのは確かだと思う。それなのにかなりの批判があるというのはどうだろう?国民が選んで大統領になったのだったら少なくとも支持率は過半数を超えるはずなのではないのだろうか?まあ一応支持率の方が不支持を超えているから問題はないのかもしれないが…。しかし、このままだと任期が終わるのを待たずに国民の不支持率はいずれ支持率を超えてしまうのではないのだろうか?


それとイラクのことについては演説で全く触れていないらしいのだが、やはり一番国民がどうするのかと疑問に思っているのはイラクのことについてではないのだろうか?まあおいらは日本国民のため、アメリカ国民がどう思っているのかはわからないけれど…。そのイラクのことについて全く触れないというのは国民から疑問を持たれる以外何もないんじゃあないのだろうか?イラクのことについてはアメリカだけでなく全世界の人がブッシュ大統領がどう対処していくか気になるところでもあるだろう。アメリカにテロが行なわれて、イラクに武力行使すると発言したのもブッシュ大統領だったはず。そのことを触れないままってのは、ちょっと無責任に思ってしまうのはおいらだけだろうか?実際に発言はせずとも、対処はしていくのかもしれないけれど、やはりこういった重要なことは発言していってほしいものだと思う。


知的複眼思考って本はゼミで読むよう言われて、読んでみたら結構おもしろかったです。

ただ…

実行されてませんから!!残念!!
blogram投票ボタン
[ 2005/01/23 23:59 ] Project ITO(TB) | TB(1) | CM(3)

近況報告 

書いてなかった時に起こったことなどをまとめて書こうかな…

・卒業論文のテーマ決めが苦しかった。
・サンデーの『焼きたて!!ジャぱん』にはまる。
・女性デュオのRHYTHMって結構いいね。
・以前にco氏とおもしろがって買った中古のゲームの『The Bouncer』にはまる。
・20年間と11ヶ月生きてて初めて…
・『ウイイレ8』おもろい。
・目の腫れがひいてきたと思う。
・ローソンで発売してる「ジャぱん」をいろいろと食べる。
・アマゾンでポット購入。

まとめてみたらしょうもないことが多いがいろいろとあったんだなぁ…
blogram投票ボタン
[ 2005/01/22 23:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

お待たせしました! 

お待たせしました!って誰も待っていないかもしれんけど…

今日の順番の人のトラックバックから"Project ITO"復活しようかと思います。

毎日続けているco氏、くぬ吉氏、紺茶氏、じゃこ氏今まで申し訳ない。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/22 23:23 ] Project ITO(NEWS) | TB(0) | CM(0)

好奇心を持つことは… 

放火:「ドン・キホーテ火災で興味」小6女児、容疑で補導--東京・昭島のスーパー


小学生がドン・キホーテの放火の報道を見て、火をつけるとどうなるか興味を持ってしてしまったという今回の事件なのだが…。

小学生くらいの子供だと目に見えてくるものに好奇心を持つことは当然だと思う。物事に対して興味や好奇心を持って、不思議に思ったことを「なんで?」と大人に聞くということは子供にとって成長に大きな糧になるものだと思う。この場合は聞かれる大人の対応にもよるが…。

さらに興味を持ったことを行動に移すというのも成長していく上で大きいものとなる。しかし、それは興味や好奇心を良い方向に持っていった場合の話である。今回の場合はそれとは反対で、悪い方向へ好奇心を持っていった結果である。興味を持ったことが全て良いものであるとは限らない。それを判断していくというのも必要となるだろう。

しかし、子供には善悪の判断というのが難しく、悪いことをしてしまった後でないと、気づかないということもある。ならば、どうやって善悪の判断をどうやって身に付ければいいのか?そういうことを判断することをできるようにするために、行動をするということも考えられなくもないが、今回のように取り返しのつかないことをしてしまうかもしれない。だからそれは親や周りの環境が重要となってくるのだろう。逐一監視していくということは無理だろうけど、悪いことをしようとしていたら、しっかりと叱ってやるべきだ。最近はあまり怒らない親が多いと聞く。子供のころからしっかりと叱ったりしてやらないと、子供にとって良いことにはならない。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/14 23:59 ] Project ITO(NEWS) | TB(1) | CM(0)

果たして何日連続に? 

最近バイトのまかないに鍋が出てくる。何日連続夕食は鍋になるかな?
blogram投票ボタン
[ 2005/01/12 23:43 ] バイト(2004.4~2006.3) | TB(0) | CM(0)

本・感想『倒錯のロンド』『倒錯の死角【201号室の女】』『倒錯の帰結』感想 

20050110041326s.jpg


『倒錯のロンド』 折原一


精魂こめて執筆し、受賞まちがいなしと自負した推理小説新人賞応募作が盗まれた!?その"原作者"と"盗作者"の、緊迫の駆け引き。巧妙極まりない仕掛けとリフレインする謎が解き明かされたときの衝撃の真相。鬼才島田荘司氏が、「驚嘆すべき傑作」と賞賛する、本格推理の新鋭による力作長編推理。




20050110041356s.jpg


『倒錯の死角<アングル>【201号室の女】』 折原一


ベッドの上に白くすらりとした脚が見える。向かいのアパートの201号室に目が釘付けになった。怪しい欲望がどんよりと体を駆けめぐる。あちら側からは見えないはずだ   屋根裏部屋から覗く男と覗かれる女の妄想がエスカレートし、やがて悪夢のような惨劇が。折原ワールドの原点ともいうべき傑作長編。



20050110041407s.jpg


『倒錯の帰結』 折原一


日本海の孤島で起こる連続密室殺人事件(『首吊り島』)と都会の片隅で起こる監禁事件(『監禁者』)。二つの事件に巻き込まれた作家志望の男が遭遇する奇想天外の結末とは?「倒錯」シリーズ完結編は前代未聞、前からでも後ろからでも楽しめる本。ぜひ読み比べを!


blogram投票ボタン
[ 2005/01/10 04:29 ] 折原一 | TB(0) | CM(3)

気分は下落中 

バイトで今までにないくらい失敗をしてしまった。そのせいでただいま気分はブルーです…。ちょっとだけ落ち込んでそのあとTB書こうと思ういつも以上に否定的な意見書いたりして…
blogram投票ボタン
[ 2005/01/10 00:27 ] バイト(2004.4~2006.3) | TB(0) | CM(0)

迅速な情報を得るには動物を飼う? 

自然災害:国連が早期警報の新組織 防災世界会議で決定へ

国連国際防災戦略(ISDR)当局者は7日、国連が津波や台風、ハリケーンなど自然災害の早期警報態勢を強化するため、国連諸機関を中心にした新組織「国際早期警報計画」を発足させる方針を固めたことを明らかにしたとのこと。

こういった異常気象などの自然災害に対して必要なことは、やはり迅速な情報の提供である。しかもそれは災害が起こる前の情報の提供だろう。起こった後に情報が来ても遅いというものである。「スマトラ沖地震では、ハワイの太平洋津波警報センターがインドネシアなどに津波情報を提供しようとしたが、防災担当者と連絡が取れなかった。」とのように情報が遅れて届いても対策はできない。しかし、どのような情報を提供していけばいいのだろうか?地震は感知しづらい突発的なものだから、情報を提供はしづらいだろう。しかし地震による影響で津波が起こるというのはわかるだろうから、「これから津波が起こる可能性があるので高台に逃げましょう」のようなことを提供しあえばいいのだろうか。「津波が来るから早く逃げろ!」って逃げるべきだということを伝えれる情報を提供すべきなんだろうな。

情報が迅速になれば、それだけ被害者は減る可能性もある。それにそういった情報に注意するだけでなく周りの動物に注意するというのも一つの手なのかもしれない。以前朝日新聞の記事だったか、動物にはこういった自然災害に対しての危機感知能力は高いらしい。現にスマトラ沖地震での動物の被害はほとんどなかったらしい。だから周りの動物の様子がおかしくなったら、何か起こるのかも?って思うのも危機を回避するのにはいいのかもしれない。そういったことも考えて動物を飼ったりするのも、良いのではないのだろうか?
blogram投票ボタン
[ 2005/01/09 12:22 ] Project ITO(NEWS) | TB(1) | CM(0)

誰が一番被害を受けてるっていうと… 

上司の務めby co氏

最近、NHKの不祥事で海老沢会長が責任を取って辞任するとの声が上がっている。しかし、それは今すぐというわけではなく3月という話らしいが…。

…本当にやめるんですかねぇ?

なんだかこれ以上NHKの受信料を払うのを拒否する人が増えないために言っている感じもするんだよね。責任を取るというなら今すぐのほうがまだNHKへの不信感がさらにつもらないと思うんだが?着服されているとは知らず受信料を払っているこっちの身にもなってほしいものだ。


と、責任を取ってほしいと思う気持ちはここでぶちまけておいて…


また違った考え方をしてみると、海老沢会長もすこしかわいそうな感じにもなるね。実際に受信料を着服していたのは海老沢会長ではなくNHKの社員2人だから、会長にとっては知らないところで起こっていたことなのかもしれない。それで、何も知らないところで部下が悪行を働いていて、それが表ざたになったら自分は何も知らないのに責任を取ってやめろとか言われているからね。たしかに上司は部下の責任を背負わなければならないが、部下のために職を失ってしまう危機にあるというのは少しだけかわいそうな感じもする。


けれど、会長以上に知らないところで悪さを行われて、被害を受けている人たちもいる。それはNHKの受信料を集金している人たちだ。集金する人は(おそらく)NHKの社員じゃない(よね?)。それなのに仕事ができないような状況になっている。集金のために家に行っては怒られて払われず、家に行っては怒られて払われず…って繰り返しらしいからね。それに、NHKの社員じゃないのに、NHKに対しての怒りの声を直に聞かされるというのは本当に悲しいと思うよ。住民の人も、もしかしたらそのことはわかっているかもしれないけれど、直に言うことができ、反応を見ることができるのは集金の人に対してだけだから、言ってしまうのかもしれない。


やはり、そういったことを考えるとなると、会長は辞任をするべきだろうな、それもできるだけ早くに。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/09 12:01 ] Project ITO(TB) | TB(0) | CM(1)

着うたフルってネーミングは… 

携帯電話でポータブル!携帯ポータブル!まさに携帯!by 紺茶氏

着うたフルの利用者が100万人を越したそうで。まぁおいらはDoCoMoユーザーだから全く関係ないんじゃけんども。

いきなり違った方向で考えを書くが、最近どうもネーミングがおかしくなっているように思う。まずは旧J-PHONE(現voderfon)が始めた写メール機能、いわゆるカメラ付携帯電話のことだが、それを始めた当時は取った写真を送るメールのことを"写メール"といってたような気がするが、最近では携帯で取る写真を"写メール"と言っている気がする。現においらもそういうように認知している。

で、今回の着うたフル。まず"着うた"って歌や音楽をそのまま着信音にするから"着うた"って言うはずなのに、24時間いつでもどこでも聞けるようになると記事に書かれてある。これだと"着うたフル"というより"DL機能付ウォークマン付携帯電話"(長ッ!!)てことになるのではないか?まぁネーミングというものは浸透さえすればどんなわけわからないネーミングでもOKになるものだからそこまで考える必要もないか。現に"ファブリーズ"なんかは今では匂い消しというイメージがついているが発売当初は「ファブリーズ?何だ、それ?」って思うようなものだったろうし。


この辺で、本来の方に戻るが、まず疑問に思ったこと。auの着うたフルとvoderfonの音楽が聴ける(機能の名前がわからん)っていうのはどう違うものなんだ?どっちも音楽が聴けるというものだと思うんだけども?着うたフルの方はDL形式というのはわかるが、voderfonはどういう形式なのかさっぱりわかんねっす。

auは本当に顧客のニーズに対応するのがうまいと思う。auのユーザーは学割が効くという点で他の2社(DoCoMo、voderfon)とは違って若者が多くを占めていると思う。そこで若者の多くに支持されやすい戦略をとっているように感じられる。まず、携帯電話を一番うまく使いこなしているというのは(イメージだけかもしれんが)若者だろう。おそらくPCよりも使いこなしているのではないのだろうか?それで、PCでDLして音楽を聴くという方法はわからなくても、携帯電話だとわかるという人も多いはず。おそらく着うたフルが開始されるまでPCから音楽をDLできずに、しょうがなくCDを買ったり借りたりする人も多かっただろう。そこにこういった機能が開始されるとなると、そういった人たちは飛びつくのは目に見えているものだ。

しかし、それだけではここまで伸びるのは難しかっただろう。ここまで伸ばすのに後押しをしたのがパケット定額だろう。これならいくらDLしてもかかるお金は一緒なのだからいくらでもするというわけだ。


auは誕生してからユーザーを確立するために、さまざまなことを試してきたと思う。たしかにDoCoMoはi-modeによりユーザーを確立したが、そこからは新しい機能というのは他の企業が先にして成功したものを取り入れている。たしかメロディーコールとかいう機能を開始したけれど使ってないもんなぁ~。それじゃあ駄目だよ、DoCoMoさん!このままだとユーザーは段々離れていきますよ!voderfonは日本国内では少なくなっているかもしれないけれど、外国でも使えるということで、外国のユーザーが結構いるんじゃあないかなぁ?本当に頑張ってよ、DoCoMo!おいらはまだ使っているけれど段々しょぼくなったら動く可能性もあるぞ~!

なんか最後わけわからなくなってしまった…
blogram投票ボタン
[ 2005/01/09 12:00 ] Project ITO(TB) | TB(0) | CM(5)

近隣国との友好関係を良くするのは難しい 

ボーダー・ボーダーレスby くぬ吉氏

東シナ海で中国が進めようとしている天然ガス田開発での鉱区の位置が日本側の排他的経済水域に入っていることでもめている今回の件だが、東シナ海の上で境界線を引くというのは難しいものだ。確かに日中の中間の位置で境界線を引くことができればいいことなのだが、これは海上にあるためはっきりとした境界線となるようなものができない。だから仮に中国が境界線をはみ出して設置してもわからなかったと言えば終わりとなってしまう可能性がある。とはいうものの今回の件は計画の時点ですでにはみ出しているのでそんな言い訳は通用しないものなのだが…。

で、やはり中国も日本が嫌いなんだろうねぇ。正式な名前はわからないけれどサッカーで日本代表が中国で試合したときの中国人のブーイングがそれを見事に物語っているよ。全員が全員嫌っているわけではないと思うけれど、ほとんどの人が嫌っているのだろう。これはかなり厳しいものだと思う。やはり昔に起こった戦争で日本の印象というものをもたれているんだろうなぁ。

そして、日本を嫌っているのは中国だけではない。北朝鮮もほぼ間違いなく日本を嫌っているだろうが、韓国も日本を嫌っている人が多い。以前テレビの番組で日本と韓国で近隣国をどう思っているかというのを若者にアンケートを取ったら、韓国は嫌いな国の中で日本をあげている人が一番多かった。逆に日本は好きな国で韓国を上げているのが一番多かった。まぁこの結果は過半数もいなかったわけだし、この結果が全てなわけではないのだが、あれだけ日韓関係が良くなっているとはいってもこういう結果が出てしまう。

日本は一番近い韓国、北朝鮮、中国から嫌われている。韓国は段々と友好関係が結べているからさほど問題視しなくてもいいとは思うが、北朝鮮や中国はこれからも嫌がらせのような政策を行ってくるだろう。やはり戦争によってもたらされた印象とはいまだ残るほど、最悪なものだったのだろう。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/09 11:59 ] Project ITO(TB) | TB(0) | CM(1)

もっと真剣に… 

これは1月4日においらがするはずだった記事(?)っす。

カナダがBSE感染を確認、さらに発見の可能性も

BSE感染がカナダで見つかったようである。記事には「米政府は昨年末に、BSE発生後に禁止していたカナダ産生牛の輸入を、生後30カ月未満に限り今年3月から解禁すると発表したばかり。だが、今回の感染牛は8歳と高齢のため、決定は見直さないとみられる。」と書かれてある。やはり米政府というのはBSEに対する対応が甘いのではないのだろうかと感じてしまう。記事にはさらに「カナダは最近、新たな検査制度を導入したばかりで、今後も感染牛が見つかる可能性があるとしている。」とも書かれている。おそらく米政府が輸入を解禁したのは、カナダが新しい検査制度を導入する前なのだろう。

今回、感染したのが発覚したのは8歳だったが、今後、生後30ヶ月の牛が感染しているのが発覚するのが見つかるという可能性もゼロではない。新しい検査制度を導入したことによりさらに可能性は上がったのではないのだろうか?もしかしたら新たな検査制度は今までよりゆるめたものという可能性もあるが…。

果たして今後、新しくBSEに感染している牛が出てきた場合、米政府はそういう対応を取るのだろうか?この対応によっては日本がアメリカ牛の肉を輸入するかどうかというのが変わってくるのではないだろうか。仮に米政府がBSE感染した牛がどんどんと見つかっても、決定を見直さない、対応しないとなるとこれからアメリカ牛を輸入するというのは考えがたいものとなる。考えたとしても、消費者は選んでくれないものと思う。

今後のアメリカのBSEに対する姿勢というのに注目していきたいものだ。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/09 01:43 ] Project ITO(NEWS) | TB(1) | CM(0)

援助するのも大変だろうな… 

協力by co氏

ここ最近テレビでよく報道されているスマトラ沖地震。これに対して援助する、当然の行為だと思う。とはいっても考えに考えたのではないのだろうか?2004年は自然災害が多すぎて、援助金も例年に比べて多くなっただろう。まずは夏に相次ぐ台風の上陸による被害があったし、新潟でも大規模な地震があったし、それに今回の災害だ。災害に次ぐ災害でかなりの援助金を出しただろう。そこでさらにスマトラ沖で地震が起きてまた援助金を出すとなってはやはり考えに考えて出しただろうし、金額も長く考慮したんだろうと思う。少なくとも、「援助金出さなければ、これくらいでいいだろ。」って感じで出したわけではないと思う。

なんで津波で水が汚れて感染症が起こるのだろうかという疑問。おいらもわかりません。津波により陸地の部分が湿って細菌類が住みやすい環境ができてしまうのではないのかと考えたが、「水が汚れて」という点に触れてないから違うのだろう。


P.S.くぬ吉氏が書いていたが、最近こういう災害に対する報道においらは怒りを覚えている。おいら自身、小さいが自然災害にあいその時の報道を見たときに怒りを覚えたためかもしれないが、まず報道している人は不幸な人(被害にあった人、身寄りをなくした人など)を集中して放送する。視聴者はそれを見てかわいそうだとか考えるかもしれないが、果たしてそれがどうなるのだろうか?放送された人はこれから同情されながら生きていかなければならないのではないか?それがその人にとっては嬉しいものとなるのだろうか?確かにテレビというのは視聴率をとらなければ仕事にならず、金にならないからおもしろくしなければならない。けれど不幸な人をさらに不幸に取り上げているのはどうだろうって思う。さらにまた別の怒りを最近は感じた。スマトラ沖の地震が起きてから新潟中越地震に関して報道は全くといっていいほど見た覚えがない。報道するなといって報道しないとなると怒るというのは矛盾な感じもするが、大きなほうに全部が流れていくというのはどうかと思うよ?報道の人にとって新潟はもうどうでもいいんですかね?
blogram投票ボタン
[ 2005/01/09 01:16 ] Project ITO(TB) | TB(0) | CM(3)

私はここに帰ってきました! 

今日、実家のほうから戻ってきました。自分の記事を書く日からだから4泊5日ともなるわけだが、実家にいる時って時間がゆっくり流れるものだね。それでもこっちに戻ってみるとあっという間のような不思議な感覚となってしまう。

まぁそんなわけで今日からProject ITOに復帰していきたいのだが、とりあえずこれからバイトがあるので、それが終わり次第、4日の自分の記事のところから遅れを取り戻そうと思っているのでよろしく。


なんかこの5日間のうちに、ここのTBも進化したらしく使えるタグ(?)が増えているみたいだ…
blogram投票ボタン
[ 2005/01/08 17:05 ] 日記 | TB(0) | CM(6)

他人に迷惑をかけないのは不可能だ 

シー!キャント!フライ!by 紺茶


自殺をして、他殺までしてしまったという今回の事件。世間では大晦日であと9時間ほどしたら新年と騒いでいたところに、裏ではこんなにも悲しい事件が起きている。

自殺ということをなんで考えるんだろう?やはり人生に疲れを感じていたからなのか、それとも自殺する前の何日かの間に嫌なことが起こったのだろうか?まぁそんなことは本人にしかわからないが、その本人は亡くなっているので「死人に口なし」ということであろうか。

しかし、今回の飛び降り自殺をして、まさか上で自殺をしている人がいようとは思うわけのない下を歩いている男性に激突したというわけだが、本当に男性の方は無念だと思う。女性の方は、自殺しているところを人に気付かれたくなくて、建物の屋上に上がって飛び降り自殺をしてしまったが、結果的に他人に気付かれた、というよりは殺すという究極の迷惑をかけてしまった。

では、その女性は人に迷惑をかけないように、首吊りやら薬やらで自殺をするべきだったのだろうか?絶対にそんなことはない!自殺という行為はそれだけで人に迷惑をかけている。自殺をするものにとってはもう迷惑をかけたくないと、行う人もいるだろう。しかし、その後、両親や友人は悲しむに違いない。それに自殺をする人は、そういった人には相談などをせずにするだろうから、「なんで相談してくれなかった」とか「全然気付いてあげられなかった」と悔やむだろう。

自殺というのはやってはいけないことである。これは自殺を考えたことのない者の意見に過ぎないのかもしれない。自殺をしようとする人は自殺という行為はいけないことだろうと考えていないのかもしれない。「嫌な人生から逃げる」という理由で自殺をする、最大のばか者だ。偽善者ぶっているかもしれないが、自殺を行うことにより、将来人生が楽しくなるかもしれないという可能性をなくしている。確実に楽しい人生が送れるとは限らない。しかし、それは本人の努力しだいで可能性は上がるはずだ。つまり、生きている限りはこれからも嫌なこともあるかもしれないが、楽しいことも数えられないほど待ち受けているだろう。そりゃあその自殺する前後は悲しいことばかりかもしれないが、そればかりにとらわれることなく、希望を持ってほしい。生きていく家庭の中では敵もいるかもしれないが、味方も必ずいるはずである。そういった人を大切にして人生を楽しむということも考えてほしいものだ。
blogram投票ボタン
[ 2005/01/03 15:06 ] Project ITO(TB) | TB(0) | CM(5)

新年1日目から 

新年1日目から新聞が届いていない。どういうつもりなのでしょか、朝○新聞の配達の人は?一日が届かないということは3日までのテレビ欄がないということだぞ!ニュースは休みだからしょうがないと割り切れるが、無駄な出費(月刊テレビジョン)が出てきたんだぞ!ちなみに週刊の方はなかった。

なんか2005年になってから良いことが未だない。もう今年は厄年なのかな…
blogram投票ボタン
[ 2005/01/02 00:14 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

A HAPPY NEW YEAR!! 

一日遅くなったけれど、明けましておめでとう!!

今年になった瞬間はバイト先でカウントダウンをやっている…客を見てたね。もうめちゃくそ忙しかった。このバイトを始めて終わる時間の最遅記録も更新したし。1年の計は元旦にありとはいうが、それならばおいらはこの1年働きづめですか?

年越しそばを食ったのも年を越えた後だし…
blogram投票ボタン
[ 2005/01/02 00:09 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。