スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本・山田悠介『リアル鬼ごっこ』感想 

20061102211839.jpg


リアル鬼ごっこ/山田悠介


-あらすじ-

 全国500万の<佐藤>姓を皆殺しにせよ!
   西暦3000年、国土はある日突然、7
 日間にわたる大量虐殺を決行した。生き残り
 を誓う大学生・佐藤翼の眼前で殺されていく
 父や友。陸上選手の翼は、幼い頃に生き別れ
 た妹を探し出すため死の競争路を疾走する。
 奇抜な発想とスピーディな展開が若い世代を
 熱狂させた大ベストセラーの<改訂版>。




↓ネタバレありの感想



スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2006/11/02 21:28 ] 山田悠介 | TB(0) | CM(0)

『Fコース』 

Fcourse.jpg
Fコース/山田悠介 本当に久しぶりに小説を読んだ気がするよ。 授業の合間の休み時間は本を読むちょうど良い時間だから読めるのかもね。 今回、感想を書こうと思うのは山田悠介さんの『Fコース』。 この小説は近未来を舞台にしたもので、仮想現実を楽しむことのできる「バーチャワールド」というアトラクションがある。 それは、設定された舞台に行って、制限時間内にミッションをクリアするというもの。 例えば、「Aコース」というのは、火事が起きている昭和61年の産婦人科病院という舞台で、9つのボタンを押して脱出するというもの…らしい(もしかしたらこの人は『Aコース』という本も出してるから、その本に詳しく書かれているのかもしれないが、読んだことがないのでスルー)。 この本では主人公を含む女子高生3人と中学生1人の4人組が新しく導入された「Fコース」をプレイするという話。 ちなみに「Fコース」は制限時間60分以内に美術館に忍び込んで、イタリアの有名な画家バッジスの最後の作品『手をつなぐ二人』というものを盗み出してくるというミッション。 これ以上話す(書く)とネタバレになるだろうから、やめておくけど、普通におもしろいとは思う。 あまり小説を読まない人でもすんなりと読める作品だと思う。 特に若い人には時代背景を想像しやすいからいいかも。 ただ、個人としてはオチがちょっと…って感じだなぁ。 前に同じ作者の『リアル鬼ごっこ』を読んだけど、これもオチがちょっと微妙だったんだよね。 それでも途中までは全然そんなことないので、読んでみてもいいのでは?
blogram投票ボタン
[ 2005/10/14 22:09 ] 山田悠介 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。