スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本・奥田英朗『町長選挙』感想 

とうとう(?)出ました。



町長選挙/奥田英朗

とうとう出ました、と言う割には実は本屋で並んでいるのを偶然見て購入したんですけどね。

まさか、『イン・ザ・プール』、『空中ブランコ』に続くシリーズが出るとは思ってませんでした。



過去2作品に続き、今回の『町長選挙』でも、また神経科医の伊良部が面白おかしく患者を治療(?)していきます。

見てて読むのが止まりません。

あっという間に読み終わりました。

またこのシリーズの続編が出たら(見つけたら)すぐに買ってしまうんだろうなぁ。




今回の本の中には4つの話が入っていて、その内の3人が有名人という設定です。

個人的にそういったものは想像しやすいものですが、やっぱり有名人よりは一般人の方が楽しめる気がします。

なんでだろう?

親近感が持てるというわけではないのですが…。


スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2006/04/25 20:27 ] 奥田英朗 | TB(1) | CM(2)

本・奥田英朗『空中ブランコ』感想 

20050527215623s.jpg
空中ブランコ/奥田英朗 この本を紹介しようと思ったのは、ただ単に今この小説のドラマをしているからという単純な理由。 でも、本当におもしろいと思うよ。 伊良部病院の跡取りである精神科医の伊良部一郎がさまざまな患者を診る(?)話。 まぁ患者といっても精神科医に行く患者なので、何かに悩んでいて、それを解決していくという方が正しいのかな。 でもそれを単純に会話をして直すというようなものではなく、伊良部一郎がその患者とさまざまな行動を起こし(時には伊良部が一人で勝手に。)知らず知らずのうちに患者のほうは直っていくというよくイメージするような治療方法とは違う。 ときに伊良部自身が本当に患者を治療しようとしているかわからないときもあるんだけどね。 まぁ文章では伝えにくいのだけれども、やはり「百聞は一見にしかず」という言葉もあるのでぜひ見てほしい小説である。
現在この本のドラマをしているけれど、やっぱりドラマを見る前に本を読んでおいて良かったなと思う。 別にドラマを見てから、この話が気になって本を買って読むというのも悪くはない。 ただ個人的にドラマを見る前に、本の方を読んでおきたいものである。 ドラマを先に見てしまうと、そのドラマでの登場人物や情景、雰囲気が頭の中に残ってしまうので、本を読んでもそのドラマを見て残った絵を想像してしまう。 けれど、本を先に読んでおけば、本の中に書かれている文章を楽しむことができるからである。 文章を読むことでその人その人の登場人物などを想像ができ、しかも1回目と2回目でもその思い浮かんでくるものは変わってくるものである。 その後にドラマを見て、自分のイメージしたのと違っても、「実はこんな感じなんだ」などとまた違った楽しみができるしね。 こういった文章の中からさまざまなことを想像できるから、小説は好きだ。 漫画は絵が与えられてしまっているからどうしても絵を楽しむという行為になってしまうが、小説は書かれている文章を想像することで楽しむことができる。 なんか途中から『空中ブランコ』についてまったく触れてない気が… まぁいっか。
blogram投票ボタン
[ 2005/05/27 22:12 ] 奥田英朗 | TB(1) | CM(0)
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。