スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【小説感想】村上春樹『1Q84』 

1Q84_BOOK1.jpg 1Q84_BOOK2.jpg
1Q84 BOOK1 <4月-6月>/村上春樹
1Q84 BOOK2 <7月-9月>/村上春樹



↓ネタバレありの感想

スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2009/08/01 18:24 ] 村上春樹 | TB(0) | CM(0)

【小説】村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』感想 

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上) 世界の終りとハードボイルと・ワンダーランド(下)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上・下)/村上春樹

-あらすじ(上)-

 高い壁に囲まれ、外界との接触がま
 るでない街で、そこに住む一角獣た
 ちの頭骨から夢を読んで暮らす<僕>
 の物語、〔世界の終り〕。老科学者に
 より意識の核に或る思考回路を組み
 込まれた<私>が、その回路に隠され
 た秘密を巡って活躍する〔ハードボ
 イルド・ワンダーランド〕。静寂な幻
 想世界と波乱万丈の冒険活劇の二つ
 の物語が同時進行して織りなす、村
 上春樹の不思議の国。


-あらすじ(下)-

 <私>の意識の核に思考回路を組み込
 んだ老博士と再会した<私>は、回路
 の秘密を聞いて愕然とする。私の知
 らない内に世界は始まり、知らない
 内に終わろうとしているのだ。残さ
 れた時間はわずか。<私>の行く先は
 永遠の生か、それとも死か? そし
 て又、〔世界の終り〕の街から<僕>は
 脱出できるのか? 同時進行する二
 つの物語を結ぶ、意外な結末。村上
 春樹のメッセージが、君に届くか!?


個人的評価:★★★★★★★★★☆

↓ネタバレありの感想
blogram投票ボタン
[ 2008/02/25 21:51 ] 村上春樹 | TB(0) | CM(0)

本・村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上・下)』感想 

20050130231213.jpg 20050130231221.jpg


世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上・下)/村上春樹

今回の紹介したいと思う本は、村上春樹さんが書いた『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』である。個人的に村上春樹さんの書いた小説というものが好きで、今まで結構読んだ方だと思う。その今まで読んだものの中で一番面白かったのが、この『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』である。

この作品は二つの世界で構成されている。それは幻想世界を思わせる「世界の終わり」と、近未来の世界の「ハードボイルド・ワンダーランド」の二つである。これらの物語が1章ごとに交互に語られ、物語は進んでいくわけだが、これらは最初に読んでいるうちは全く関係のない話のように思われるが、読んでいくうちに少しずつ二つの物語の接点がわかってくるようになり、それらに気がつくとまた違った面白さを知ることができる。最低でも2回は楽しめる本だと思う。

それと、この物語を読んでいく中でのもう一つのおもしろさが、村上春樹さんの独自の世界観だと思う。この中では読まないとわからないような言葉や生き物などさまざまなものが出てくる。現実ではなさそうなものばかりだ。それらの姿などを想像(創造)しながら読んでいくと、それらは人によって違った姿を思い浮かべるわけだし、また一つの楽しみ方だろうと思う。どういったものが出てくるか説明したいが、読んでみないとわからないものが多いと思うので、やめておこう。

長編が嫌いな人もいるかもしれないが、これは本当におもしろいものだと思う。騙されたと思って読んでみるのもいいのでは?ただし、本当に騙されたと思っても苦情は一切受け付けません。

blogram投票ボタン
[ 2005/01/30 23:29 ] 村上春樹 | TB(0) | CM(4)

本・村上春樹『カンガルー日和』感想 

やっと2回目となるわけだが、今回は…

20041215192049.jpg


『カンガルー日和』 村上春樹

時間が作り出し、いつか時間が流し去っていく淡い哀しみと虚しさ。都会の片隅のささやかなメルヘンを、知的センチメンタリズムと繊細なまなざしで拾い上げるハルキ・ワールド。ここに収められた十八のショート・ストーリーは、佐々木マキの素敵な絵と溶けあい、奇妙なやさしさで読む人を包みこむ。


今回のは村上春樹さんの短編集なのだが、個人的には短編集は1つ1つの話がすぐに終わってしまうので、そこまで好きではないんだよね。なんかゆっくりゆっくりとおもしろくなっていく方が楽しいんで。でも、短編集は話がたくさんある分、好きな話もやっぱり出てくるね。もちろん嫌いなものも出てくるが。

で、この本で好きな話が「5月の海岸線」。これは久々に故郷に戻ってみたら昔は海岸線であった場所が今では海岸線でなくなり、海があった場所にビルなどが建っているという話である。どちらかといえばよくある話かな。

その中で一番好きな場面は海岸線のあった場所にある古い堤防に残っている書かれている文字が記されている部分。書かれている文字というのはしょうもないことばかりなのだが、なんだかじわ~っとくるんだよね。やっぱり町並みというのは変わってはいくが、思い出というものは消えないものなのだな~って感じてしまう。
blogram投票ボタン
[ 2004/12/15 19:27 ] 村上春樹 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。