【小説感想】米澤穂信『ふたりの距離の概算』 

ふたりの距離の概算
ふたりの距離の概算/米澤穂信

-あらすじ-

 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら
 手短に」をモットーに、すべてにおいて<省エネ>を目指す折木奉太郎は
 高校二年生へと進級した。彼が所属する古典部に、新入生・大日向友子
 が仮入部する。このまま入部するものだと思っていたのだが、ある日突
 然、入部はしないと告げるのだった。どうやら部員の千反田との会話が
 原因のようだが、奉太郎は納得できなかった。千反田は他人を傷つける
 ような性格ではない  。奉太郎は、入部締め切り日に開催されたマラ
 ソン大会を走りながら、大日向の心変わりの真相を推理することに!


↓ネタバレ有りの感想

スポンサーサイト
blogram投票ボタン
[ 2010/07/07 22:17 ] 米澤穂信 | TB(0) | CM(0)

【小説感想】米澤穂信『インシテミル』 

インシテミル
インシテミル/米澤穂信

↓ネタバレ有りの感想

blogram投票ボタン
[ 2010/03/24 21:40 ] 米澤穂信 | TB(0) | CM(0)

【小説感想】米澤穂信『遠まわりする雛』 

遠まわりする雛
遠まわりする雛/米澤穂信

↓ネタバレ有りの感想


blogram投票ボタン
[ 2010/03/21 14:09 ] 米澤穂信 | TB(0) | CM(0)

【小説感想】米澤穂信『犬はどこだ』 

犬はどこだ
犬はどこだ/米澤穂信

-あらすじ-

 開業にあたり調査事務所<紺屋S&R>が想定した業務
 内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。  
 れなのに舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。
 しかも調査の過程で、このふたつはなぜか微妙にクロス
 して……いったいこの事件の全体像とは? 犬捜し専門
 (希望)、25歳の私立探偵、最初の事件。新世代ミステリ
 の旗手が新境地に挑み喝采を浴びた私立探偵小説の傑作。


↓ネタバレ有りの感想

blogram投票ボタン
[ 2010/03/20 15:02 ] 米澤穂信 | TB(0) | CM(0)

【小説感想】米澤穂信『さよなら妖精』 

さよなら妖精
さよなら妖精/米澤穂信

-あらすじ-

 1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出
 会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からは
 るばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と
 過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、お
 れたちの最大の謎解きが始まる。謎を解く鍵は記憶のな
 かに  。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物
 語。『犬はどこだ』の著者の代表作となった清新な力作。


↓ネタバレ有りの感想

blogram投票ボタン
[ 2010/03/09 23:47 ] 米澤穂信 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KOH2

  • Author:KOH2
  • 年齢:28歳
    好きな漫画家:
     ・あだち充
     ・土塚理弘
     
    好きな芸人:
     ・内村光良
     ・さまぁ~ず

    好きな作家:
     ・村上春樹
     ・森博嗣
     ・米澤穂信
     ・北方謙三

    [好きなアーティスト]
     ・ゆず
     ・AKB48
      ・フレンチ・キス
      ・柏木由紀
      ・倉持明日香
      ・高城亜樹
     ・NMB48
     ・SCANDAL

最近のコメント
データ取得中...
アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
グーバーウォーク
Search Amazon
edita
edita.jp【エディタ】
ブロとも申請フォーム